仕事

スポーツ業界へ就職するとどんな感じ?

group of people running on stadium

学生時代にスポーツにたくさんの時間をかけて打ち込んできたスポーツ好きな人にとって、スポーツに関する企業で働くことは一つの夢かもしれません。

私が実際にスポーツ企業で働いていた際も、スポーツ好きであれば誰でも入社できる訳で無い会社だった為、自分の夢だった企業で働けることが自体が高いモチベーションになりました。

それでは実際にスポーツ業界へ就職すると毎日どんな感じなのでしょうか?このページでお話していきます。

スポーツ業界へ就職するとどんな感じ?①やっぱり体育会系

three men sitting while using laptops and watching man beside whiteboard

やはり社員は皆体育会系ということで、上下関係はかなりしっかりしています。

あまり先輩をちゃんと立てて、先輩は後輩の面倒をしっかり見るそういった風土だったと思います。

例えばスポーツブランドではシーズン毎に新商品を開発して発売しますから卸業者向けに展示会を行います。

私が在職した会社では春夏と秋冬といった感じで年に2回展示会を行いました。

私はマーケティング部に所属していて、まさにそれを企画して取り仕切る担当でした。

マーケターYOSHI

スポーツメーカーでの展示会の仕事はまずは会場選定。そしてどこにどの商品を設置するのか。招待するお客様へのDM作成と発送。そして当時は商品の搬入、設置、搬出と大忙しで本当大変だった。。。でも終わったあとの達成感は最高だったよ!(すぐに次の展示会だけど)

そういった場面でも「しっかりやれよ!」とか「お前なめてんのか」っていう言葉が飛び交ってたけど結局みんなでやろうって言う時は一気にチームワークを発揮できるのはみんなスポーツで鍛えられてるってところでしたね。

スポーツ業界へ就職するとどんな感じ?②一流アスリート関わる機会も!

photo of man swinging golf driver

スポーツメーカーやサポート要員としてスポーツチームやアスリートをサポートしている様な企業の場合、直接アスリートを支援してるという場面はスポーツを愛する者として感動的な場面にも一緒にいられて最高の仕事だと感じることができるでしょう。

私はとあるゴルフ選手を担当していたのですが、オリンピックに出場したり国内ツアーでも優勝されたりとたくさんの感動を一緒に働きながら感じることができたのは大きな経験でした。

当然アスリートから使用する用具についてたくさんの要望があって、それをちゃんと開発担当へ伝えるのは大きな仕事の一つです。

一流にアスリートは本当数ミリの長さや短さも気にしてそれがちゃんと上手くフィットすることでそのスポーツで実力を発揮して勝つことができるのだと体感しました。

そういった経験は普通にサラリーマンをやるより刺激的な生活だったと言えます。

実際にあった仕事の一覧
  • 選手が優勝しそうな時には現場へ必ず行って現地観戦
  • チームの主催する試合でのグッズ販売の店員
  • 選手がオフの時の販促イベントを店舗と企画
  • 優勝時の賞金やインセンティブについて社内調整
  • 選手を使った販促ツールの作成
  • オフ時にアスリートが会社訪問に来るので対応

などなど

スポーツ業界へ就職するとどんな感じ?③スポーツ活動が活発

man playing soccer on ballpark
やっぱりスポーツの関連企業に就職すると週末は何かしらのスポーツに誘われることもありました。

当時働いていた会社ではバスケットボール、サッカー、ゴルフ、フットサル、スキー、スノーボードなどたくさんのアクティブを週末の休みに遊びへ行く機会がたくさんありました。

普段見れない社員同士の顔が見えて一緒に遊ぶことは距離感を縮めてくれますし、スポーツ終わりの飲み会も楽しかった思い出あります。

これもスポーツ好きで構成される会社の楽しみの一つでしょうか。

私はゴルフ担当だった為、ゴルフが好きな社員で週末一緒にプレーしたりゴルフコンペを開催したりと仕事にも役立つ知識が積めてとても良い経験でした。

ただ既婚の方は毎週の様に遊びにいっては家族サービスが不足してしまうので注意しましょう。

スポーツ業界へ就職するとどんな感じ? まとめ

実際に仕事をしてる時も何かの部活をしている様な、そんな不思議な一体感があるのはスポーツ業界ならではなのかもしれません。

そういった光景や雰囲気は実際に働いてみないと伝わらない部分もありますが、これまでスポーツのシーンで上下関係などで鍛えられたあなたはきっとその場に順応できることでしょう。

ちょっと辛いことがあったり、上司にきついことを言われてもあなたが責任をもって一生懸命頑張れば「よく頑張った」と後から優しく声をかけてくれる時もあるので体育会系なノリがあっても続けられる要因なのかもしれません。