仕事

スポーツ用品メーカーに就職して良かったこと5選

Close-up of a white line on green grass in a soccer field

私は2012年から6年間、外資系のスポーツ用品メーカーで勤務した経験があります。

大好きなスポーツに関わる仕事ができてとても幸せな時間だったことを今でも覚えています。

このページではスポーツ用品メーカーで働いてみてよかったことをまとめています。

スポーツ用品メーカーに就職して良かったこと5選①自社製品を安く買える

blue, white, and black Nike running shoes

これは本当に嬉しかったのですが、自社ブランドの商品を安い時で一般価格の50%OFFくらいで購入する社割を利用することができたことです。

私は就職時はそのブランドのことは大して好きではなかったのですが、安くなるならと購入してみたら着心地も良くて最終的には自社ブランドの製品ばかり着ていました。

自分の会社の商品を着て仕事をすると愛社精神も上がって気持ちよく仕事ができたのでその点は良かったですね。

スポーツ好きのマーケター YOSHI

社割で買いまくってたら割引率が突然わるくなった時も。。。気付いたらクローゼットがa〇idasだらけに(笑)

スポーツ用品メーカーに就職して良かったこと5選②服装が自由

shallow focus photography of unpaired gray adidas sports shoe

私は一度スポーツ業界に入る前にスーツを着て営業をしたことがあるのですが、暑いのに夏も長袖で全く合理性を感じなかったので、その時を境に私服かオフィスカジュアルで働ける場所を選んで仕事をしていました。

そういった意味ではスポーツ用品メーカーでの勤務も服装は自由で、夏は短パンで勤務していた社員もいたぐらいです。

基本お客さんと接点がない部署だったりしたらそれの方がむしろ良いでしょう。

これは当然自社ブランドの商品なら尚良しで、間違っても他社の服を着る様なことはない様にしてください(笑)

スポーツ用品メーカーに就職して良かったこと5選③有名アスリートと知り合いになれる

woman playing tennis

やはりこの仕事の醍醐味の一つはトップアスリートを直接サポートできることだと思います。

私はこの6年間の間にたくさんのアスリートの方と出会ってお話をさせて頂く機会を幸運にも仕事を通して頂きました。

その中には日本人オリンピアンの方も居て中にはメダリストもいらっしゃいます。

どの選手も競技に私達一般人が考える何倍も真剣に取り組んでいてその競技を愛してらっしゃったことがとても印象的でした。

仕事柄LINEでやり取りをすることも多く、試合で優勝されたあとに「おめでとうございます!」とご連絡したらさっきまでテレビで活躍されていた選手から直接「ありがとうございます!〇〇社さんのおかげです」とご連絡いただいた時は本当にこの仕事をしていて良かったと思ったことを今でも覚えています。

スポーツ用品メーカーに就職して良かったこと5選④社員がスポーツ好き

man playing soccer game on field

なんだかんだやはり周りにスポーツの趣味が合う人達と働けるというのは良い環境だったと思います。

当然旬のスポーツの話題で一緒に盛り上がれますからちょっとした会話がストレス解消になるのです。

意外に会社での共通の話題探しは大変なので共通の趣味があるのは社員間の関係づくりに役立ちます。

また私は当時、スポーツに関わる仕事をしていたことでいくつかのスポーツ団体から役員をお願いされて勤めていましたがその大会や理事会出席の為休む時にはスポーツ関連ということで休みが取りやすかった様に思います。

仕事をしながらスポーツを続けられる環境があることはとても幸せなことでしたね。

スポーツ用品メーカーに就職して良かったこと5選⑤頑張る人には皆協力的

turned on Best neon sign

これは体育会気質から来るものなのか、困難な仕事に立ち向かっている時にそれを見た同僚社員は積極的に助けてくれたことはチームワークを感じました。

情に厚いというか困っている仲間を放っておけないという気持ちなのかもしれません。

私もよく姉御肌の先輩社員へ相談をして話を聞いてもらっていました。

これは言うまでもなく、口ばかりで何もしない社員には当てはまらず逆に困った時には周りも冷たいということがあるので気を付けましょう。

スポーツ用品メーカーに就職して良かったこと5選 まとめ

もう3年前の話しなりますが、総じて私はスポーツ用品メーカーで働けたことは良い経験だったと感じています。

やはり自分の夢だったという強い希望もありましたし、何より遣り甲斐を感じていました。

あなたにどれくらい強い想いがあるかで入社後の感じ方もきっと変わってくると思います。