仕事

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと

four men playing double tennis during daytime

スポーツ用品メーカーで働くということは、実際とてもニッチなことであまりネットにも情報が無いのが現状です。

スポーツ用品メーカーで働くとどんな毎日になるのでしょうか?

このページではスポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのことを挙げています。

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと①自社商品が半額で買える

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと①自社商品が半額で買える

スポーツ用品メーカーで働くと社員割引として、自社ブランド商品が割引き買うことができます。

スポーツウェアって暑い時も寒い時も機能性に優れている物が本当に多いので、プライベートで着るものも自社ブランド商品になることは少なくありません。

社内で見ても、愛社精神がある人と思われるので良い評価を受けるので、至れり尽くせりです。

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと②残業が増える

ポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと②残業が増える

これは会社によるのかもしれませんが、基本的に残業は多いと思います。

なぜなら、スポーツ用品メーカーと言えば名は通っていることが多いですが売り上げでいえば厳しいところがほとんどです。

そんな中積極的に人材を採用するより、少数精鋭で動いているところがほとんどでしょう。

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと③社内のクラブ活動に誘われる

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと③社内のクラブ活動に誘われる

スポーツ用品に関わる仕事ということで、社内でもスポーツ活動は盛んです。

コミュニケーションの一環として、業務後に「近くの体育館借りてバスケットボールやるんで〇〇さんも来てくださいよ」と誘われることも増えることでしょう。

私が在籍した会社では、バスケットボール、サッカー、ゴルフ、登山、スキーととても活動は盛んで、普段仕事の顔しか知らないことがほとんどなので意外な一面を知ることができて、社員同士の交流の場として、とても良い時間でした。

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと④体育会系のノリで怒られることも

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと④体育会系のノリで怒られることも

仕事をしていると、同僚や上司とぶつかってしまうこともあることでしょう。

社員も体育会育ちが多いので、激しい言葉で怒られることがあるかもしれません。

精神的にはそういったことがあったとして、あまり引きずらない体育会系のタイプの方が長続きするでしょう、

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと⑤いざという時の団結力は凄い

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと⑤いざという時の団結力は凄い

これもスポーツで培われたところなのでしょうが、みんなで一丸となって取り組む様な事に対してはそれぞれが行動力と団結力を見せて仕事に取り組むことができます。

私が経験した中では、特に会社をあげて行う展示会などのイベント毎では社員それぞれが自分の責任で動いて完成させていて、搬入・搬出などの作業ではみんなで声を掛け合って行っていました。

そうった面はなかなか普通の会社では無いので、とてもいい雰囲気と言えます。

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと まとめ

スポーツ用品メーカーに就職すると起こる5つのこと を読んだあとのおすすめ記事