仕事

スポーツ用品メーカーへ就職して世界中を舞台に活躍されたい方へ

white airplane near trailers during sunset

スポーツ用品メーカーの中では、営業、事務、デザイン、生産などたくさんの専門家がチームとなって働いています。

スポーツ用品メーカーで、世界を舞台に活躍したいと考える場合にどんなポジションが向いているのでしょうか?

このページではスポーツ用品メーカーで働きながら海外とコミュニケーションが取れる職種についてポジションについてお話をしていきます。

スポーツ用品メーカーへ就職して世界中を舞台に活躍されたい方へ①管理職になる

スポーツ用品メーカーへ就職して世界中を舞台に活躍されたい方へ①管理職になる

海外との接点を仕事で持つには、一般職のままだとスポーツ用品メーカーにおいては難しいかもしれません。社内で事務作業などがメインとなる為です。

海外との接点を増やすには、管理職になれば自分の裁量で行く行かないを決められますし、自由度も上がっていきます。

私が働いていた会社では、一般職で海外出張があったのはデザイナーが本社との打ち合わせで行っていたくらいであとは管理職レベルしか行っていなかった印象です。

スポーツ用品メーカーへ就職して世界中を舞台に活躍されたい方へ②外資系に務めること

スポーツ用品メーカーへ就職して世界中を舞台に活躍されたい方へ②外資系に務めること

やはり国内企業より外資系企業の方が海外との接点を持つことができやすいと言えます。

私が一般職時代でも、外資系であれば海外出張の機会がありました。

いまはオンラインで何でも済ますことができますが、やはり社員一同に介する場というのは大切なので海外であっても招集がかかることがあるのです。

特に海外で行われる展示会では多くの国から社員が集まる印象です。

スポーツ用品メーカーへ就職して世界中を舞台に活躍されたい方へ③英語は必須だが通訳ありなら大丈夫

スポーツ用品メーカーへ就職して世界中を舞台に活躍されたい方へ③英語は必須だが通訳ありなら大丈夫

外国人と会話するのは英語は言わずもがな必須となります。

流暢でなくても自分で話そうとすることで上達していきますし、相手も理解しようと聞いてくれるのです。

しかしやはりビジネスの場は実践の場ですので、通訳を介して会話された方が良いこともあるので会社の雰囲気に合わせましょう。

スポーツ用品メーカーへ就職して世界中を舞台に活躍されたい方へ を読んだあとのおすすめ記事