仕事

スポーツ用品メーカーへ就職するのをおススメしない3つの理由

white and gray Adidas soccerball on lawn grass

スポーツ用品メーカーを憧れとして挙げる方も体育会学生やスポーツ好きの人は多くいらっしゃるかと思います。

しかしスポーツ用品メーカーへ就職することは良いことしかないのでしょうか?

このページではスポーツ用品メーカーへ就職するのをおススメしない理由を考えていきます。

スポーツに関わる仕事を紹介してくる会社一覧

支援実績3,000名以上!スポーツ経験のある学生向け就職支援サービス|アスリート エージェント
アスリート エージェント は人材紹介会社の中でも珍しいアスリートやスポーツ経験者に特化した就職エージェント。

取引先の中にはスポーツ用品メーカーやプロスポーツチームなどがありスポーツ好きには希望に沿った案件の紹介が受けられる可能性があります。

スポーツに関連しない一般企業の案件も持っていて、アスリート人材のキャリア支援を行う企業としてはNo.1
体育会出身者のための転職支援サービス【スポナビキャリア】
スポナビキャリアも体育会系の人材に特化した就職エージェント。

陸上競技の七種競技や太極拳などマイナースポーツの選手にも就職支援をしてスポーツと競技と仕事の両立をサポート。

企業案件数も増えていて相談してみる価値あり。

スポーツ用品メーカーへ就職するのをおススメしない理由①体育会的なノリが当たり前

スポーツ用品メーカーへ就職するのをおススメしない理由①体育会的なノリが当たり前

これまでの人生で何かしらのスポーツを本気で取り組んできた方にとって、厳しい上下関係や根性論の様なことは何も抵抗感がないとは思います。

しかし何もスポーツ畑で育ってきていない人にとっては、社員としての活動が非常に非合理で根拠のないものに感じてストレスに感じるかもしれません。

時には無理だと分かっていても「やり続ければできる!」と突入させられたり、「頑張ればやれるんだよ」と無理難題を押し付けられることもあるので気を付けましょう。

スポーツ用品メーカーへ就職するのをおススメしない理由②あんまり給与が高くない

スポーツ用品メーカーへ就職するのをおススメしない理由②あんまり給与が高くない

これは役職や会社の規模にも寄りますが、業界全体的に給与が高いとは言えないでしょう。

俗に、夢がある仕事や好きな仕事で高給料が出る職業というのはあまり無いと思います。

給与が高くなくても、自分はやりたいことができていると実感できるタイプの人の方が向いているでしょう。

スポーツ用品メーカーへ就職するのをおススメしない理由③土日もゆっくりできない

スポーツ用品メーカーへ就職するのをおススメしない理由③土日もゆっくりできない

基本的に会社員の休みは土日休みの週休2日が多いかと思いますが、スポーツ用品メーカーへ就職すると、土日ゆっくりできることが少なくなります。

それはなぜか?

世の中にあるスポーツの大会は土日に集中しているからです。

契約しているアスリートの大会が土日に地方であれば用具担当者で現地へ行くこともあれば、セールが土日にあることもあるのです。

きっちり休みたいという願望が強い人にはおススメできないでしょう。

スポーツ用品メーカーへ就職するのをおススメしない理由を読んだ後のおすすめ記事