仕事

スポーツ用品メーカー就職に有利なスポーツはあるのか?

gray laptop computer

よくある質問の中に「スポーツ業界に就職するのに有利なスポーツはあるのか?」があります。

これにはハッキリとした答えがあるのでしょうか?

このページでは就職に有利なスポーツはあるのか?について解説をしていきます。

スポーツ用品メーカー就職に有利なスポーツはあるのか?①チームスポーツが良い場合

利なスポーツはあるのか?①チームスポーツが良い場合

何かスポーツ業界に就職する為に、有利なスポーツはあるのか?ということですが、一般的には協調性やチームワークを学ぶことができるチームスポーツは有利と言えるでしょう。

これは団体行動をする中で、チームメイトの心境を読み解いたり集団の中での自分の立ち位置を把握して行動することを習得できているという、企業で働く上で必要な能力を兼ね備えている人物という評価に繋がっているからです。

実際に個人スポーツでずっとやられていた方よりサッカーや野球、バスケットボールと言ったスポーツ出身の方は他人の事も考えて仕事を進めることが上手い様な気がします。

スポーツ用品メーカー就職に有利なスポーツはあるのか?②個人スポーツが良い場合

スポーツ用品メーカー就職に有利なスポーツはあるのか?②個人スポーツが良い場合

個人スポーツで企業から高評価を受ける場合は、陸上競技やダンスなどで一生懸命に人で目標設定をしてそれを乗り越えるために努力を重ねることをしてきた経験でしょう。

大体、スポーツ関連企業での面接では必ずといって良い程、「これまで何かスポーツに打ち込んできましたか?」と聞かれるのでアピールするチャンスです。

一人でコツコツ練習を続けて諦めることをしなかったというエピソードがあれば尚可です。

スポーツ用品メーカー就職に有利なスポーツはあるのか?③国際大会経験をアピール

スポーツ用品メーカー就職に有利なスポーツはあるのか?③国際大会経験をアピール

スポーツで海外遠征などの経験を経て、英語が話せる様になったり、海外出張へ抵抗がないこともメリットになります。

地域スポーツで活躍してきたという経験ももちろん凄いことですが、よりグローバルに活躍してきた人の方がポジションや外資系企業では評価が高くなる傾向があります。

その場合はチームスポーツなのか、個人スポーツなのかは特に関係がないのかもしれません。

スポーツ用品メーカー就職に有利なスポーツはあるのか?まとめ

実際に私が多くのスポーツ用品メーカーの面接や社内を仕事をしてきて、やはり何もスポーツをしていなかったという方より何かしてスポーツを頑張ってきた、今もしているという方の方が上手くコミュニケーションが取れているなという印象があります。

それは相手もスポーツ好きな人が多いケースが多い為、話が盛り上がるという共通点がポイントなのでしょう。

実際に面接に行けば毎回「スポーツ何してました?」と当然のように聞かれていました。

短い時間でアピールしなければならない状況で、確実に想定できる質問が一つでも把握できていることはとても大きいアドバンテージです。

ぜひあなたがしてきたスポーツ経験にその経験で学んだことを加えてあなたが素晴らしい人物であることをアピールしましょう。

就職に有利なスポーツはあるのか?を読んだあとのおすすめ記事