退職代行の懲戒解雇と損害賠償

退職代行で気になる懲戒解雇と損害賠償

退職代行を使っての急な退職を行った場合、損害賠償や懲戒解雇のリスクはゼロではありません。ほとんどの退職代行業者であればそのようなことで訴えられる可能性は限りなく低いですが、一部では不正なことを行っている危ない業者も存在しています。

ニュースやネットなどで特に多く問題になっているのは、退職代行業者に依頼したにも関わらず勤務先の会社側とのやり取りが上手くできておらず、結果的には「飛んだ」ようになってしまって会社側から損害賠償の訴訟を起こされたというケースです。

退職代行のリスク 損害賠償とは?

depth of field photography of man playing chess
Photo by JESHOOTS.COM on Unsplash

損害賠償とは、労働過程での故意や過失によって会社や利用者、第三者に損害を与えた場合に発生する責任と賠償金のことです。

退職代行業者を利用して退職をする場合、基本的に利用者は退職代行業者としか連絡を取り合わないため退職代行業者と会社側が直接どのようなやり取りを行っているのかは正確には分かりません。

そこを悪用する質の悪い退職代行業者に依頼してしまうと正規の手順で退職手続きが行われず、会社側とトラブルになり損害賠償請求に発展することがあるのです。

退職代行のリスク 懲戒解雇とは?

white ceramic mug
Photo by NordWood Themes on Unsplash

懲戒解雇とは、その会社の秩序を著しく乱したり悪影響を及ぼした労働者に対するペナルティーとして行われる雇用契約の解雇のことです。結果的には会社を辞められるので良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、良いことは一切ありません。

懲戒解雇は、日本の労働間で許容されている罰として最も重い処分になっています。懲戒解雇は例えば、「会社の経費を横領した」、「資格や経歴の大幅な詐称を行っていた」、「セクシャルハラスメントやパワーハラスメントを行った」などの法律にも触れる重大な過失を起こしたことに対して適用されます。

世界基準でも日本の労働者の立場は手厚く保護されていてその中でも最も重い罰である懲戒解雇を受けたという事実は、今後の再就職に甚大な影響を及ぼすのです。

悪質な退職代行会社を利用してしまうと、損害賠償のケースと同様に会社側からしたら飛んだように退職してしまったり、退職手続き自体が上手く行われず長期の無断欠勤とみなされて懲戒解雇の処分が下されてしまうリスクがあるのです。

退職代行で気になる懲戒解雇と損害賠償 まとめ

上記で述べた通り、ちゃんとした正規の退職代行業者、取り分け弁護士法人の退職代行へ依頼をすればまず会社とトラブルになっても対応や交渉はしてくれます。

弁護士法人の退職代行サービスは相場より少し高い金額かもしれませんが、一度でスッキリ退職するには少し奮発したいものです。

退職代行で気になる懲戒解雇と損害賠償を読んだあとのおすすめ記事