退職代行を利用する

退職代行で辞めた場合の引継ぎの心配点

退職代行を使って引き継ぎをしなかったり、顔を合わせず辞めた場合、損害賠償請求されたり懲戒解雇されたりしないか不安もあるかと思います。

どんな問題点があるのかをくわしく見ていきたいと思います。退職代行サービスを利用したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてください。

退職代行で辞めた場合の引継ぎの心配点①引き継ぎをしないで辞めた場合、損害賠償請求されることはないの?

people walking on pedestrian lane near high rise buildings during daytime
Photo by Karsten Winegeart on Unsplash

引き継ぎは法律で決まっているわけではない

会社を退職する際の心配事のひとつに、引き継ぎを挙げる人は多いのではないでしょうか。自分が受け持っていた仕事を後任に引き継ぎ、自分が退職した後もスムーズに業務が進む環境を作っておくことは大切なことです。


ただ、引き継ぎは法律で決まっておらず義務ではありません。部署の移動や事前に退職を伝えている場合には、業務を円滑に進めるため引き継ぎが行われることがほとんどです。しかし、退職代行を考えている人は即日退職を目的にしていることが多いため、引き継ぎ期間はないかと思います。

引き継ぎをしないと訴えられるから、絶対にしないといけないということはないので、安心してください。

万が一、会社から引き継ぎを理由に退職を引き延ばされたとしても、これに応じる義務はありません。退職のトラブルで多いのが「そもそも退職理由など話を聞いてもらえない」ということと、この「退職を引き延ばされて退職できなかった」というケースです。


中には、事前に退職を伝え転職先が決まっていたにも関わらず、退職を引き延ばされて内定を辞退することになってしまったという場合もあります。引き継ぎや人手不足などで退職を断られることが多いかと思うのですが、これは会社の都合であり会社が対処すべき問題なので、こちらが責任を感じることはありません。

退職代行で辞めた場合の引継ぎの心配点②引き継ぎに関する問題の解決方法

stack of jigsaw puzzle pieces
Photo by Hans-Peter Gauster on Unsplash

退職代行では引き継ぎなしで退職できますが、会社としてはできれば引き継ぎをしてもらった方がありがたいかと思います。退職する人しかしらない情報があったとしたら、非常に困ります。それが原因で退職者とトラブルに発展することになるかもしれません。では、トラブルを避ける方法はないのか、対処法はないのかということについてみてみましょう。


担当していた業務を引き継ぐ場合に、パソコンやサイト等のログインパスワードが設定されていたり、データがファイルに入っていて場合がわからなかったり、担当者しか知らない情報があった場合、仕事が進まず会社は戸惑うかと思います。このようにどうしても確認が必要な場合、退職代行業者が間に入ってやり取りをしてくれます。会社とのやりとりは退職代行業者が行うため、利用者が会社と直接連絡を取ることはないので安心してください。


直接顔を合わせたくないけど、情報は伝えておきたいと思っている人や、できるだけ波風立てず退職したいと思っている人は、事前に引き継ぎ内容が書かれたメモを残しておくことをおすすめします。後任が見てわかりやすいようなメモを残しておくと、会社側の不満も最小限に抑えることができるはずです。

「退職代行を依頼する時に引き継ぎ内容を会社側に伝えてもらう」「引き継ぎ資料を作り後任のために残しておく」これだけでも印象はかなり変わり、会社側も助かると思います。

退職代行で辞めた場合の引継ぎの心配点を読んだあとのおすすめ記事